Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス) 麻婆豆腐、レトルトカレー、香辛料や調味料など辛いもの専門通販サイト【ホットスパイシーパラダイス】です!子供から超激辛好きまで全ての人にお好みの辛いものをお届けいたします。四川や麻辣といった中国、インド、タイ、韓国など世界各国の激辛料理とスパイスを取り揃えており、店長のおすすめ商品も随時ご紹介。今日という日にスパイスを!

ヤマムロ 陳麻婆豆腐

絶品四川料理の調味料!ヤマムロの本格四川シリーズ!

 

ホットスパイシーパラダイスの丹内です。

今回はヤマムロさんの陳麻婆豆腐について書きたいと思います。

 

 

私は以前都内に住んでいて、食に対しての満足感はありました。

ステーキはこの店、てんぷらはこの店、刺身はこの店、パスタはこの店、ラーメンはこの店、麻婆豆腐はこの店というように

それぞれお気に入りの店がありました。

私は行きやすい場所に住んでいたのと、行きやすい職種やグルメの先輩がいたのがラッキーだったのかもしれませんが

とても満足していました。

いっぱいお店があり、夜遅くまでやっている店が多いので、探しやすいということがあります。

美味しい刺身を探すにしても何件もあるので、いつか見つかるという感じです。

 

 

時は過ぎて、私は故郷に帰りました。

私の故郷は都会ではないので、とにかく店に行くのにも全て車です。

「店が遠い。」

都内から故郷に戻ってきて最初に思ったのがそれでした。

あとは「店が閉まるのが早い」

なので、店に行くにもちゃんと日にちを決めておかないといけません。

 

1年くらいあちこちを食べ歩きました。

中には美味しいお店もありましたが、やっぱり遠いと気軽に行けません。

なにより行く回数が休みの日しかない為

全部回り切っていないというのがありました。

麻婆豆腐のおいしいお店は必須だったので、行ける範囲での中華料理屋はほとんど行ったかなと思います。

 

しかし、お気に入りになるような中華料理店はなかなか見つかりませんでした。

1件見つけましたが、遠いので気軽にはいけません。

あとは、私はお酒が好きなのでお酒セットで考えると代行代もかさむので、金銭的に気軽に行けません。

ここも大きいかと思います。

 

そういうことで、自宅で作ってみようかという事になり、

以前作っていた麻婆豆腐の調味料をネットで買おうとしていた時に

陳麻婆豆腐のパッケージが目に入りました。

 

ヤマムロ 陳麻婆豆腐

 

「陳麻婆豆腐って聞いたことあるな。」

「ああ、お店の名前だ。」

 

おいしかった印象がある店でした。

 

最初の頃、よく分からなかったのが陳麻婆豆腐の陳とは?ということでした。

日本では有名な陳健一さん・陳建民さんがいるので、その人が作っているのかな?と思っていましたが

陳健一麻婆豆腐というお店と、他にも陳建民さん等の弟子が作った店も麻婆豆腐の名前が「陳麻婆豆腐」なので

それと混同してしまいますが、この字体の陳麻婆豆腐は全く別ものです。

お店の名前が陳麻婆豆腐というところが、初めて麻婆豆腐を作った中国のお店が日本に作ったお店で、

店の名前が違うけど料理に陳麻婆豆腐というのがあるのは、大体陳建民さんや陳健一さん繋がりということだと思います。

 

ちなみに回鍋肉にキャベツが入っているのも、担担麺が汁なしではなく胡麻スープなのも、エビチリにトマトケチャップソースにしたのも

陳建民さんだと言われています。

色々な料理を日本に合うようにアレンジして中華料理を広めた天才料理人です。

麻婆豆腐も日本に合うようにアレンジしています。

 

これで整理が付きましたよね?

私はこれが分かっていなかったので、全部陳建民さんのお弟子さんが作ったものだと思っていました。

 

 

麻婆豆腐発祥の店 『陳麻婆豆腐』

麻婆豆腐を最初に作った、私的には人類でもっとも偉大な人、陳劉氏という麻(ニキビ跡のぶつぶつ)があるおばさん(婆)のお店が陳麻婆豆腐です。

最初は違う名前の店で、紅焼豆腐という名前で出していたそうですが、

どんどん評判になって店の看板メニューになり、ニキビ婆さんの豆腐料理という感じ?で麻婆豆腐という名前になりました。

そして店の名前も陳麻婆豆腐にしました。

 

 

1956年には国有企業となり徐々に名店としての地位を確保していきました。

 

そして日本のケンコーホールディングスの人がその麻婆豆腐の味にほれ込み、

四川省成都市飲食公司や陳麻婆豆腐に何度も何度も情熱を持って通って

日本に暖簾分けをさせてもらえるようになりました。

世界で唯一だそうです。

その人は国民栄誉賞もんですね!

 

陳麻婆豆腐のホームページはこちら

 

そことは違い、中国四川省の陳麻婆豆腐店から直輸入しているのが、ヤマムロの陳麻婆豆腐です。

 


 

豆板醤や甜麵醬等の調味料で四川麻婆豆腐を作ろうとしていましたが

このヤマムロの陳麻婆豆腐を試してみようと思い、購入してみました。

 

  ヤマムロ 麻婆豆腐

 

豆腐・挽肉・長ネギ・片栗粉を準備。

この調味料を入れればいいなら簡単だと思い、作ってみました。

 

 

 

 

 

ヤマムロ 陳麻婆豆腐

 

 

「これは!!」

 

見た目で、もう美味しいそうだと思いました。

また香りも山椒をかけたあとで、あの四川麻婆豆腐の香りでした。

これは期待できそうだ。

この透き通った赤のグラデーションがテンションを上げていきます。

ラーメンのように、油の量も(辣油や花椒油等)おいしく作る為の必須条件というのは

自分で作っていた時に分かったことでした。

ですので、この周りに見える美しい赤いグラデーションで、「ああ、これは期待できそうだ」と分かります。

 

そして期待と一緒に山椒をかけながら出来上がった麻婆豆腐。

 

ヤマムロ 陳麻婆豆腐

 

 

一口食べてみました。

「うまい!」

これは以前食べていた四川風麻婆豆腐の味にかなり近い。

山椒も付いていて、痺れもあります。

 

この痺れがないと四川麻婆豆腐じゃありません。

ただ唐辛子の辛いだけでは、四川風になりません。

唐辛子と辣油の辛さと、山椒の痺れの辛さとが絶妙に合わさっているのがおいしい理由です。

 

辛さも痺れもまあまああり、味もとてもコクがあり、全てが良いバランスになっています。

1袋を使うと、豆腐一丁分で2人前ぐらいあります。

普通の激辛が大好きでもない人だと、結構辛いレベルだと思います。

私も久しぶりに食べた時は「辛い!」と思いました。

 

(そして次の日、お腹を壊します。。。)

お腹が痛くなる原因は唐辛子等に入っているカプサイシンと油だと思います。

カプサイシンは水に溶けにくいのでお尻も痛くなる時があります。

油も見た目で分かりますがかなり入っていますが、あまり辛くないものを食べた時には

そこまでお腹を壊したことがないので、やはりカプサイシンなのかなと思います

 

 

満足出来る味でした。

麻婆豆腐と戦っていた日々を思い出しました。

自分で作るよりも、色々揃えないでいいので簡単です。

こんな手軽にここまでのおいしい麻婆豆腐が食べられるなんて凄いです。

 

ガツガツご飯と一緒に食べました。

激辛料理を食べた後の達成感が、またこれも一つの醍醐味です。

 

思いました。

「ああ、おいしかった。幸せだなあ」

食べ終わった後の口の中のヒリヒリ感が、おいしさの余韻をさらに引き延ばしてくれます。

 

激辛好きの人にはまだまだ辛さが足りないかもしれませんが

これを食べると大体あとどのくらい辛くすればいいかが想像できるレベルまで来ています。

 

自分で作るとこのバランスに辿り着くまで結構かかった記憶があります。

このレベルを食べられるお店は、今の場所ではあまりありません。

 

このヤマムロの麻婆豆腐が、私がインターネットで辛いものを買うようになったきっかけです。

おいしいものを食べた時、人は幸せを感じます。

このヤマムロの麻婆豆腐にはその力があると思います。

食べたいけどなかなかお店に行く機会が作れない、遠くまで行かなくても好きな時に食べられる、

そんな時にオススメの麻婆豆腐調料です!

 

ヤマムロ 陳麻婆豆腐

↑【画像をクリックすると商品紹介ページに飛びます】↑

 

ヤマムロ 陳麻婆豆腐

 

激辛・辛いもの専門店 | Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス)

Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス)

麻婆豆腐、レトルトカレー、香辛料や調味料など辛いもの専門通販サイト【ホットスパイシーパラダイス】です!子供から超激辛好きまで全ての人にお好みの辛いものをお届けいたします。四川や麻辣といった中国、インド、タイ、韓国など世界各国の激辛料理とスパイスを取り揃えており、店長の
おすすめ商品も随時ご紹介。今日という日にスパイスを!

屋号 株式会社シンセイ
住所 〒963-7881
福島県石川郡石川町大橋2-10
連絡先 TEL 0247-57-5881
FAX 0247-57-5882
営業時間 土日祝日除く8:30~17:307
定休日:土日祝日
運営責任者 事業開発部
丹内 紀充(タンナイ ノリミツ)
E-mail info@hotspicyparadise-shop.com

コメントは受け付けていません。

特集

Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス) 麻婆豆腐、レトルトカレー、香辛料や調味料など辛いもの専門通販サイト【ホットスパイシーパラダイス】です!子供から超激辛好きまで全ての人にお好みの辛いものをお届けいたします。四川や麻辣といった中国、インド、タイ、韓国など世界各国の激辛料理とスパイスを取り揃えており、店長のおすすめ商品も随時ご紹介。今日という日にスパイスを!

株式会社シンセイ
ホットスパイシーパラダイス係
〒963-7881
福島県石川郡石川町大橋2-10

0247-57-5881

8:30~17:30
【定休日】土日祝日