Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス) 麻婆豆腐、レトルトカレー、香辛料や調味料など辛いもの専門通販サイト【ホットスパイシーパラダイス】です!子供から超激辛好きまで全ての人にお好みの辛いものをお届けいたします。四川や麻辣といった中国、インド、タイ、韓国など世界各国の激辛料理とスパイスを取り揃えており、店長のおすすめ商品も随時ご紹介。今日という日にスパイスを!

超優秀!カレースパイスにトマト缶を入れるだけで簡単にプロの味へ

皆さんは「あなたにとっての”おふくろの味”は?」と質問されたなら、どんな料理を想像しますか?

 

 

因みに、若い世代からシニア世代までの広い世代に同じ質問をすると、ほとんどの方は”カレー”を連想するとのことでした。

 

普段から私達にとって身近な料理であるカレーですが、同じ味のカレーばかり食べ続けていると飽きが来る事も…。

市販で売られているスパイスやカレールーなどを、いつも使っているものと少し変えて使う方も多いのではありませんか?

 

今回ご紹介するのは、まさにそんな方にピッタリな『トマト缶を使ったカレー』です。

 

少々のスパイスを使って作るカレーなので、エスニックな香りが程よく香り立ち、ビールやワインなどのお酒にも良く合います。

なにより、男性でも簡単に調理する事が出来るので、作り方を覚えておけばお家デートの際の「伝家の宝刀」にすることも出来ます。

もちろん、主婦(主夫)の方がいつもと気分を変えて作ってみるのもオススメなので、普段と少し違ったカレーレシピを求めている方は必見です!

 

 

スパイスカレー

 

 

別記事(スパイスカレーの失敗談)

スパイスでカレーを作る。どのように作るの?

 

 

準備する材料

 

作る前に用意しておく材料を紹介します。
分量は自分好みにアレンジしてもOK!

・鶏もも肉 400g
・玉ねぎ(お好みで1~3個)
・トマト缶(1/2)
・バター(20g)
・にんにくチューブ(好きなだけ)
・生姜チューブ(好きなだけ)
・塩(2つまみ)

・クミンパウダー(小さじ2)
・コリアンダーパウダー(小さじ2)
・ターメリックパウダー(小さじ1)
・ガラムマサラ(小さじ2)

 

個人的に”香り高いカレー”が好きなので、ガラムマサラやクミンパウダー等は多めの分量としてあります。

その日の気分によって、コリアンダーやガラムマサラなどを多めに入れても大丈夫です。

カレーは「自分が美味しいと思う分量・材料で作るのが一番おいしい」料理だと思うので、

どんどん自分好みにアレンジして行きましょう。

 

 

トマト缶を使ったカレーの作り方

下記ではトマト缶を使ったカレーの作り方を解説していきます。

大まかなレシピの手順のみ記載しているので、ここから自分好みにアレンジしていきましょう。

 

 

1.仕込み

まずは玉ねぎをみじん切り、もしくは薄くスライスしておきましょう。

鶏もも肉は一口大の大きさに切り、後で合わせるクミンパウダーやコリアンダーパウダーなどは、計って別皿に用意しておきます。

ここでは甘味を出すためにサラダ油ではなくバターを20g使っていますが、お好みでオリーブオイルなどにしても良いでしょう。

ニンニクと生姜はチューブでなくても良いですが、本物を使用する場合はみじん切りにしておきましょう。

また、仕込みの段階で一口大に切った鶏肉に蜂蜜を入れてもみ込み、30分ほど冷蔵庫で放置しておくと、はちみつの成分で鶏肉が柔らかくジューシーになります。

仕込みの段階でひと手間加えると、出来上がりがさらにおいしくなるのでオススメです。

 

 

2.具材を炒めてスパイスとカットトマトを投入

まずは一口大に切った鶏肉を焼き色がつくまでバターで炒めます。

焼き色が付いたら別皿に一旦移し、みじん切り、もしくは薄くスライスした玉ねぎを、中火から強火で焦がさないように炒めましょう。

この際、スパイスも一緒に加えてよく炒め、玉ねぎの色が透き通ってきたらニンニクやショウガを加え、トマト缶を投入します。

 

 

3.鶏肉戻して水分が飛ぶまで煮詰める

別皿にとっておいた鶏肉を再び投入し、弱火にしてトマト缶の水分が飛ぶまで炒めましょう。

時間にして20分から30分ほど煮込み、時々かき混ぜながら味を調整して完成です。

この段階で香りや塩気が足りないなと思ったのであれば、味の素やガラムマサラなどの調味料やスパイスを入れてお好みの味に調整すると良いです。

 

 

 

トマト缶を使った応用レシピ

下記では、トマト缶を使った応用カレーレシピも紹介しています。

材料を少し変えるだけで、違う種類のカレーに変身するのはカレーの魅力の一つですよね!

下記を参考に、ぜひ色々試してみて下さい。

 

 

ひき肉を使えばキーマカレーに変身

今回紹介したレシピでは鶏肉を使いましたが、ひき肉に変更し、パプリカやナスなどを投入すればキーマカレーに大変身!

カレーは夏に向かう程、食べる機会が増えてきますが、さっぱりしたカレーや大量に野菜を消費したい方は、キーマカレーにしてみても良いですね。

基本的な材料はほぼ同じ&作り方も同じなので、比較的応用しやすいカレーレシピではないでしょうか?

 

 

ヨーグルトを入れればバターチキンカレーへ

またトマト缶を入れて煮詰めている段階でヨーグルトと生クリームを入れれば、バターチキンカレーにもなります。

準備する材料で、サラダ油ではなくバターにしていたのは、個人的にバターチキンカレーを作る機会が多かったせいもあります(笑)

作っている最中に「やっぱりバターチキンカレーにしよう」と思っても、十分対応できるくらい万能です。

最後にヨーグルトと生クリームを加える以外は、作り方や材料がほぼ同じですので、比較的簡単に応用出来るカレーレシピと言えるでしょう。

 

 

 

自分だけの”おふくろの味”にしてみては?

 

普段から親しんでいる料理の一つでもあるカレーですが、意外と市販のカレールーを使ってでしか調理したことがないという方も多いのではないでしょうか?

確かに市販のカレールーでも美味しいものは沢山ありますが、本格的なスパイスカレーも簡単に作れることが分かります。

スパイスも、スーパー等で手軽に入手出来るので、よく自宅でカレーを作るという方は常備しておいても良いかもしれません。

ただし、毎回カレー粉から本格的なカレーを作るのは疲れる…と言う方は、スパイスをふんだんに使ったレトルトカレーを自宅に常備しておくのもオススメです。

弊社でも、個性的で美味しいレトルトカレーを数多く取り揃えているので、この機会にぜひ活用してみて下さいね!

レトルトカレーにちょっとスパイスを入れるだけでも、自分のオリジナルカレーが出来ますので、色々試してみて下さい。

 

 

弊社商品:インドカレーの主食・調味料

 

アンビカ

 

トマト缶ではないですが、おいしい中玉トマトを農家さんより直送しています。

よかったら使ってみて下さい。

福島県 和知ファームの中玉トマト

 

 

では、今日という日にスパイスを!!

 

激辛・辛いもの専門店 | Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス)

Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス)

麻婆豆腐、レトルトカレー、香辛料や調味料など辛いもの専門通販サイト【ホットスパイシーパラダイス】です!子供から超激辛好きまで全ての人にお好みの辛いものをお届けいたします。四川や麻辣といった中国、インド、タイ、韓国など世界各国の激辛料理とスパイスを取り揃えており、店長の
おすすめ商品も随時ご紹介。今日という日にスパイスを!

屋号 株式会社シンセイ
住所 〒963-7881
福島県石川郡石川町大橋2-10
連絡先 TEL 0247-57-5881
FAX 0247-57-5882
営業時間 土日祝日除く8:30~17:307
定休日:土日祝日
運営責任者 事業開発部
丹内 紀充(タンナイ ノリミツ)
E-mail info@hotspicyparadise-shop.com

評価コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

特集

Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス) 麻婆豆腐、レトルトカレー、香辛料や調味料など辛いもの専門通販サイト【ホットスパイシーパラダイス】です!子供から超激辛好きまで全ての人にお好みの辛いものをお届けいたします。四川や麻辣といった中国、インド、タイ、韓国など世界各国の激辛料理とスパイスを取り揃えており、店長のおすすめ商品も随時ご紹介。今日という日にスパイスを!

株式会社シンセイ
ホットスパイシーパラダイス係
〒963-7881
福島県石川郡石川町大橋2-10

0247-57-5881

8:30~17:30
【定休日】土日祝日