Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス) 麻婆豆腐、レトルトカレー、香辛料や調味料など辛いもの専門通販サイト【ホットスパイシーパラダイス】です!子供から超激辛好きまで全ての人にお好みの辛いものをお届けいたします。四川や麻辣といった中国、インド、タイ、韓国など世界各国の激辛料理とスパイスを取り揃えており、店長のおすすめ商品も随時ご紹介。今日という日にスパイスを!

【タイ料理】ガパオライスはどんな料理?気になる味やレシピも紹介

ガパオはタイ語、ライスは英語、ガパオライスは日本人が作った料理です。カレーライスやラーメンのように日本独自の進化を遂げている料理です。

 

 

ガパオはパッガパオガイというタイ料理です。ガパオでも通じます。

 

近年、日本国内でも東南アジアの料理が人気を集めています。
街中でもアジア料理のレストランを見かけることも多くなりましたね。

ガパオライスはアジア料理が人気になる前から知られていた料理の一つで、日本でポピュラーでしょう。

 

しかし辛いという理由で食べたことがない人もいるのではないでしょうか。

今回はガパオライスがどんな料理か解説します!

私はガパオは皆知っている料理かと思っていましたが(トムヤムクンのように)、

意外と知らない人が多かったです。

 

 

ヤマモリ ガパオ

 

 

 

どんな料理なのか

ガパオライスを日本語に訳すと「バジル炒めご飯」です。

日本国内のレストランやスーパーでは、鶏肉を入れるガパオライスの素や料理が多いです。
しかし、タイ国内では地域や家庭・店によっては、鶏肉の代わりに豚肉や魚介、キノコを入れることもあるようです。

これらの材料を炒め、さまざまなスパイスで味付けをしてご飯にかけます。

目玉焼きをよく乗せて食べます。

 

和食にも、地域によって入れる食材が違う料理があるので、それと同じ感覚でしょう。

 

 

ガパオライスが人気になった理由

ガパオライスは日本国内を見ても、レストランだけでなくおしゃれなカフェでも提供されていますね。

コンビニでも棚に並んでいるのを見ると、気軽さが人気の出た理由でしょう。

日本でいうオムライスやカレーライスのような立ち位置ですね。

 

 

「ガパオライス」は料理名ではない

日本ではガパオライスと呼んでいますが、タイではガパオライスという名前はありません。

そもそも「ガパオ」というのは、ハーブの名前なんです。
シソ科メボウキ属の植物で、日本名ではホーリーバジルと言います。

日本では入手が難しいので、ガパオライスには、イタリア料理に多用されるスウィートバジルを使用します。

タイでガパオライスを注文しても、通じないことがあります。

外国人向けのレストランは別として、タイ国民が利用する大衆食堂では、通じません。
タイ料理は、料理に入れる食材によって料理名が変わるからです。

代表的なタイ料理である「トムヤムクン」も
「トム」→煮込む、「ヤム」→混ぜる、「クン」→エビという意味のため、料理にエビが入っていなければ成立しません。
もしも鶏が入っていれば「トムヤムガイ」と言います。

 

鶏肉が入るガパオライスを注文するならば、「カウ パッ ガパオ ガイ」と言うのが正解。
「カウ」はご飯、「パッ」は炒める、「ガパオ」はバジル、「ガイ」は鶏肉を意味します。
豚肉ならば語尾が「ムー」になります。

 

 

ガパオライスは辛いのか?

年中暑くてムシムシしているため、東南アジアの料理は辛いものが多いです。

 

ガパオライスもその一つで、タイ国内で食べると、味付けが辛すぎることがあります。

そもそも辛さの原因は唐辛子の量にあります。

 

「日本人が思う辛いの基準」と「タイ人が思う辛いの基準」は大きく違い、

我々が辛いと思ってもタイ人は平気で食うようなこともあるので、

本場の味を頂くならば、辛さはある程度覚悟しましょう。

 

日本国内のタイ料理レストランは、日本人好みの味に仕上げられているところも多いです。

オーダーの際に唐辛子の量を調整する旨を伝えましょう。

 

 

 

ガパオライスのレシピ

 

 

最後にガパオライスのレシピを、箇条書きで紹介して終わりにします。

 

 

①玉ねぎとニンニクをみじん切り、パプリカを2cm角に切る。
②フライパンにごま油を引きニンニクと豆板醤を炒める。
③香り立ったら玉ねぎを炒め、パプリカも加える。
④ナンプラー・醤油・オイスターソース・砂糖を混ぜる。
⑤バジルを加えたら火を止めてご飯を添える。
⑥同じフライパンに卵を入れて、目玉焼きを焼く。
⑦上からのせて胡椒を振る。

 

このような手順です。スパイスや辛さ加減はお好みで調節できます。

 

 

ガパオの素を使えば

挽肉・パプリカ・ピーマンだけで出来ます。

簡単に出来て、日本人にはとても合う料理だと思います。

目玉焼きをつけるのは日本風ですが、半熟の目玉焼きがおいしいですね。

 

 

 

現在、ユウキ食品のガパオ炒めペーストを、

賞味期限が近付いている為セールをしていますので

この機会にぜひお買い求め下さい!

 

ガパオに興味のある方はこちらから

 

激辛・辛いもの専門店 | Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス)

Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス)

麻婆豆腐、レトルトカレー、香辛料や調味料など辛いもの専門通販サイト【ホットスパイシーパラダイス】です!子供から超激辛好きまで全ての人にお好みの辛いものをお届けいたします。四川や麻辣といった中国、インド、タイ、韓国など世界各国の激辛料理とスパイスを取り揃えており、店長の
おすすめ商品も随時ご紹介。今日という日にスパイスを!

屋号 株式会社シンセイ
住所 〒963-7881
福島県石川郡石川町大橋2-10
連絡先 TEL 0247-57-5881
FAX 0247-57-5882
営業時間 土日祝日除く8:30~17:307
定休日:土日祝日
運営責任者 事業開発部
丹内 紀充(タンナイ ノリミツ)
E-mail info@hotspicyparadise-shop.com

コメントは受け付けていません。

特集

Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス) 麻婆豆腐、レトルトカレー、香辛料や調味料など辛いもの専門通販サイト【ホットスパイシーパラダイス】です!子供から超激辛好きまで全ての人にお好みの辛いものをお届けいたします。四川や麻辣といった中国、インド、タイ、韓国など世界各国の激辛料理とスパイスを取り揃えており、店長のおすすめ商品も随時ご紹介。今日という日にスパイスを!

株式会社シンセイ
ホットスパイシーパラダイス係
〒963-7881
福島県石川郡石川町大橋2-10

0247-57-5881

8:30~17:30
【定休日】土日祝日