Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス) 麻婆豆腐、レトルトカレー、香辛料や調味料など辛いもの専門通販サイト【ホットスパイシーパラダイス】です!子供から超激辛好きまで全ての人にお好みの辛いものをお届けいたします。四川や麻辣といった中国、インド、タイ、韓国など世界各国の激辛料理とスパイスを取り揃えており、店長のおすすめ商品も随時ご紹介。今日という日にスパイスを!

【中国の鍋料理】火鍋とはどんな鍋?お腹を壊しやすい?

火鍋とは、簡単に言うと辛いしゃぶしゃぶ。日本に来た中国の人が日本のしゃぶしゃぶを「辛くない??」と言っていました。そんなイメージ?

中国の鍋料理の一つですが、今や世界にメジャーな料理になりつつある火鍋。

中国の都市ではあちこちに火鍋を提供する飲食店を見かけますし、世界各地の中華街でも火鍋店が増えています。

 

今回は、そんな火鍋はどんな料理なのか
また火鍋を食べてお腹を壊したり下痢をしたりする人も多いので、合わせて解説します。

私も火鍋が大好きですが、よくお腹を壊します。

鍋を洗うと分かるのですが、香辛料の多さではなく油の多さではないかと最近思っています。

本当はどうなんでしょう?

 

麻辣火鍋

 

 

火鍋の歴史

火鍋の起源はいくつもあり定かではありませんが、いずれにせよ古い歴史があります。
有力視されている説としては以下の4つが挙げられます。

①内モンゴルの羊肉料理が発祥
②火鍋料理が中国に知れ渡ったのが重慶や四川の火鍋文化であることから、四川省が発祥
③殷・周時代の国王が鼎という鍋に火で煮た料理を作ったから
④漢の軍隊の用具「焦斗」が始まり

 

起源については今も議論がなされていますが、

火鍋が全国に普及したのは、約1200〜1500年前に当たる唐の時代です。

元の時代には軍の食事にも採用され、明・清の時代には羊肉が具材として使われたのが資料から分かっています。
特に清の時代には、国賓をもてなすための宴会である「満漢全席」で火鍋が食されました。

 

 

 

 

火鍋の種類

広い中国全土では、都市や地域ごとに独自の火鍋文化が発達しました。
・北京火鍋
・河南火鍋
・川味火鍋
・湖南火鍋
・貴州火鍋

その他にも、香港やマカオ・台湾でも独自の火鍋料理が存在します。

 

近年では、インスタント麺ならぬインスタント火鍋も開発されたり、

回転寿司の形式を採用した回転火鍋を経営する飲食チェーンも、中国国内で登場しています。

回転火鍋は、具材が回転すしのように回ってきて、皿を取るスタイルです。

面白いですね!

 

 

日本にも火鍋のブームがやってきてるため、もしかしたら友人から火鍋をしようという誘いが来るかもしれません。
しかし、火鍋の味を知らないと、ためらってしまいますね。

 

火鍋はどんな味なのでしょうか?

火鍋は、一つの鍋を仕切り辛いスープと辛くないスープで分けられた状態で、提供されます。
ですから、辛い人は辛いものを食べ、苦手な人は辛くないものを食べればいいのです。

辛いものが好きな人は両方食べられます。

辛いのが苦手な人は、ゴマダレをつけて食べたりすれば大分辛さが薄れます。

 

辛くないのは白湯(パイタン)スープと言い、豚骨や鶏から出汁を取っています。
一方で辛いスープ・麻辣(マーラー)スープは、唐辛子や花椒といった香辛料をふんだんに煮込んでいます。

 

 

 

火鍋を食べたらお腹を壊す?

火鍋は、香辛料をたくさん使用しているので、食べた後にお腹を壊したり下痢をする人が多いです。

たしかに日本には、こんなにスパイスを効かせた料理は少ないですからね。
体を壊さないために、次のような対策を取っておきましょう。

 

 

 

食前にヨーグルトを食べる

中国だろうと日本だろうと、初めて火鍋を食べるのであれば、事前にヨーグルトを食べておきましょう。
ヨーグルトを食べて胃に膜ができた状態にしておくと、

油や唐辛子をはじめとした強烈なスパイスからのダメージを減らせます。

 

 

スープは飲まない

 

ついつい美味しいのでスープをいっぱいつけてしまいますが、

スープは出来るだけ皿の上で切って、あまりスープがついていない状態で食べます。

そうすることでかなりお腹の痛さは回避できるようになります。

 

 

お客が少ない店には気をつける

中国で火鍋を食べる際の話ですが、

中国では日本のように、「新鮮でない野菜は捨てる」という考えがないので、

閑古鳥が鳴くような店は古い野菜だろうと、使い続けると聞きます。

本当かどうか分かりませんが、せっかく中国に行ったならあえて行く必要もないですね。

 

 

お客が多すぎる店には気をつける

中国で火鍋を食べる際の話ですが、
「人気があれば良い」かと言うと、実はそうでもないのです。
実は火鍋の中に、アヘンを入れてる店も中にはあると聞きます。

こうすることで、味は大したことなくても、やみつきに感じるのです。

中国ではそんなこともあるんですね。

(噂なので本当かどうか分かりませんが)

 

 

どんな店ならいいのか?

 

インターネットで調査をしてみて、お客が多い高級チェーン店を探しましょう。

クチコミやネット記事からある程度分かります。

やっぱりお店で食べるなら、店自体を調べるのが安心ですね。

 

 

 

 

 

 

まとめ

本記事では火鍋について紹介しました。
日本では見慣れない料理で、初めての人は食べるのを迷ってしまいそうですが、

中華料理屋に行ったらぜひ一度食べてみましょう!

 

 

 

火鍋の調味料はこちらで販売しています。

 

 

では、今日という日にスパイスを!

激辛・辛いもの専門店 | Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス)

Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス)

麻婆豆腐、レトルトカレー、香辛料や調味料など辛いもの専門通販サイト【ホットスパイシーパラダイス】です!子供から超激辛好きまで全ての人にお好みの辛いものをお届けいたします。四川や麻辣といった中国、インド、タイ、韓国など世界各国の激辛料理とスパイスを取り揃えており、店長の
おすすめ商品も随時ご紹介。今日という日にスパイスを!

屋号 株式会社シンセイ
住所 〒963-7881
福島県石川郡石川町大橋2-10
連絡先 TEL 0247-57-5881
FAX 0247-57-5882
営業時間 土日祝日除く8:30~17:307
定休日:土日祝日
運営責任者 事業開発部
丹内 紀充(タンナイ ノリミツ)
E-mail info@hotspicyparadise-shop.com

特集

Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス) 麻婆豆腐、レトルトカレー、香辛料や調味料など辛いもの専門通販サイト【ホットスパイシーパラダイス】です!子供から超激辛好きまで全ての人にお好みの辛いものをお届けいたします。四川や麻辣といった中国、インド、タイ、韓国など世界各国の激辛料理とスパイスを取り揃えており、店長のおすすめ商品も随時ご紹介。今日という日にスパイスを!

株式会社シンセイ
ホットスパイシーパラダイス係
〒963-7881
福島県石川郡石川町大橋2-10

0247-57-5881

8:30~17:30
【定休日】土日祝日