Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス) 麻婆豆腐、レトルトカレー、香辛料や調味料など辛いもの専門通販サイト【ホットスパイシーパラダイス】です!子供から超激辛好きまで全ての人にお好みの辛いものをお届けいたします。四川や麻辣といった中国、インド、タイ、韓国など世界各国の激辛料理とスパイスを取り揃えており、店長のおすすめ商品も随時ご紹介。今日という日にスパイスを!

【実は存在しない⁈】インド・中国の血が混ざった、タイカレーの歴史

辛い料理が多い、ザ・ホットスパイシーカントリー、その名はタイ王国!

 

 

東南アジア・南アジア諸国の料理は、辛いものが多いですね。
1年中高温が続き湿度も高いこれらの国の人にとって、辛いものは食欲を進ませ、体を涼しくさせる効果があります。

インドももちろんですが、タイカレーも辛い料理の代表格ですね。
今回は、タイカレーの成り立ちについて解説していきます。

 

 

 

実はタイカレーなんて存在しない

いきなり衝撃的な事実があります。

タイカレーという料理は存在しないのです。

インドカレーも存在しないのですが、タイカレーもそうなんです。

 

「タイカレー」という名称は、外国人に説明するために作られた物であって、本場タイの人が、タイカレーとは言いません。

 

ヤマモリ タイカレーレッド

 

 

タイカレーはどんな料理?

本記事では便宜上、タイカレーと記載しますが、実際はどんな料理なのでしょうか?

本当は、タイ料理にある「ゲーン」という汁物のうち、香辛料を使用した料理を「タイカレー」と指しているのです。
ちなみに、「ゲーン」とはタイ語で、「汁物」を意味します。

 

乾燥させた香辛料をベースとしたスパイスを使う、他の南アジア諸国のカレー料理とは違い、

生のハーブや芳香の強い葉をよく使います。

 

 

ゲーンの種類

我々が俗に言う「タイカレー」はゲーンというタイ料理に当たりますが、ゲーンにも種類が様々です。

無印良品の食品売り場に行ってみれば、「レッドカレー」「グリーンカレー」「イエローカレー」という名前でカレールーが売ってありますね。
ゲーンを味や具材から分類してこのような名称が与えられているものの、

「タイカレー」同様、外国人が勝手に呼んでいるのに、過ぎないのです。

次に、この3種類のカレーについて解説していきます。

 

 

ゲーンの種類

①グリーンカレー

 

にしきや グリーンカレー

名前のように、緑色の汁物を指します。
この緑色、何の具材かというと、タイで栽培されている青唐辛子なんです。

 

辛いものを好む東南アジアの人が作る本場のグリーンカレーを食べたら、大変辛い思いをすることでしょうが、

ココナッツミルクがその辛さを和らげてくれます。

鶏肉や茄子を入れると、味が引き立つので、おすすめです。
ほうれん草や小松菜のような緑色の野菜を入れると、見た目も良いです。

 

 

②レッドカレー

 

88キッチン タイ レッド

次は、赤いゲーン・レッドカレーです。

赤色と想像するだけで、舌がヒリヒリするような辛さを想像するでしょうが、

想像より辛くないなんてこともあります。

 

熟成された赤唐辛子を乾燥させてから使います。
しかし、その他にもバジルやこぶみかんの葉をベースとしたスパイス、牛肉やタケノコ、ココナッツミルクを入れるため、ただ一方的に辛いスープではありません。

 

 

③イエローカレー

 

タイ イエロー

最後に黄色のタイカレー・イエローカレーを紹介します。

黄色の正体は、紀元前にインドで栽培が始まったウコンです。
日本国内でも、酒のサプリメントとしてウコンが用いられているので、見る機会も多いですね。
大変甘みがあるスープで、すっきりした味わいです。

タイカレーと言ったら辛いものばかり想像してしまいますが、

イエローカレーには鶏肉やじゃがいもを入れるなど、日本のカレーと似たところがあります。

 

 

中国とインドの影響を受けたタイ料理

 

タイ王国があるのはインドシナ半島。

「シナ(支那)」は中国を意味するので、まさしくインドと中国の中間地点になります。

インドと支那の間の半島という意味なので、この2つの国の影響をモロに受けている半島です。

ちなみにラーメンを支那そばと呼んでいるのも、この支那です。

中国の事を中華と呼んだり支那と読んだりするのは、その時代的な事なので、違いはありません。

 

タイ

先日マレーシアの位置は覚えましたよね?

その北側に位置するのがタイです。

 

 

そのため食文化にも、インドと中国の両方の影響を受けており、

インド特有のスパイスを多用した料理から、中華鍋を用いた中華料理を連想させる炒め物や麺料理まで様々です。

なので中華料理好きやインド料理好きの人には、このタイ料理も好きという人が多いです。

 

我々日本人の口にも合うような料理もたくさんありますので、

ぜひチャレンジしてみてください!

 

タイ料理はこちらから

 

激辛・辛いもの専門店 | Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス)

Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス)

麻婆豆腐、レトルトカレー、香辛料や調味料など辛いもの専門通販サイト【ホットスパイシーパラダイス】です!子供から超激辛好きまで全ての人にお好みの辛いものをお届けいたします。四川や麻辣といった中国、インド、タイ、韓国など世界各国の激辛料理とスパイスを取り揃えており、店長の
おすすめ商品も随時ご紹介。今日という日にスパイスを!

屋号 株式会社シンセイ
住所 〒963-7881
福島県石川郡石川町大橋2-10
連絡先 TEL 0247-57-5881
FAX 0247-57-5882
営業時間 土日祝日除く8:30~17:307
定休日:土日祝日
運営責任者 事業開発部
丹内 紀充(タンナイ ノリミツ)
E-mail info@hotspicyparadise-shop.com

コメントは受け付けていません。

特集

Hot Spicy Paradise(ホットスパイシーパラダイス) 麻婆豆腐、レトルトカレー、香辛料や調味料など辛いもの専門通販サイト【ホットスパイシーパラダイス】です!子供から超激辛好きまで全ての人にお好みの辛いものをお届けいたします。四川や麻辣といった中国、インド、タイ、韓国など世界各国の激辛料理とスパイスを取り揃えており、店長のおすすめ商品も随時ご紹介。今日という日にスパイスを!

株式会社シンセイ
ホットスパイシーパラダイス係
〒963-7881
福島県石川郡石川町大橋2-10

0247-57-5881

8:30~17:30
【定休日】土日祝日